2014/06/10

Cab32.dll 圧縮時の再帰オプション

Cab32.dll 圧縮時の再帰オプション
随分昔、動作を理解するのに苦しんで、最近思い出したのでメモ


よくあるパターン

-r (再帰検索) 有りで
-------------
ファイル1
ファイル2
-------------
というファイルの圧縮を指示する

→ ベースフォルダ配下のフォルダから「ファイル1」や「ファイル2」と同名のファイルを再帰検索して、圧縮対象とします



一般的な圧縮の指示をまとめると、以下の3つになります

▼ファイルのみの場合
-r 無しで
-------------
ファイル1
ファイル2
-------------

▼フォルダのみ
-r 有りで
-------------
フォルダ1\**
フォルダ2\**
-------------

▼ファイルとフォルダが混在する場合
-r 無しで
-------------
ファイル1
ファイル2
フォルダ1\**
------
フォルダ1\サブフォルダ1\** ←これらが必要
フォルダ1\サブフォルダ2\** ←これらが必要
-------------

なので、ファイルとフォルダが混在する場合、対象フォルダ配下のフォルダを全て列挙する必要があります

0 件のコメント: