2014/07/25

Raspberry Pi Apache2 のユーザーは www-data

php の exec 関数などで sudo が使いたい場合の
visudo 設定

www-data ALL=(ALL) NOPASSWD: コマンドのパス

2014/07/24

「ウィルコム」ブランド消滅で、WX型番の端末放出中

2014年8月1日から「Y!mobile」ブランドで再スタート

端末も頭の WXが取れて、一新されるため WX型番の白ロムが通信機器ルートで放出されているもよう
50台以上購入なんかが、かなり安い

在庫処分の一時的なものだろうけどね

ESファイルエクスプローラー の WebDav で、一度エラーが出ると完全終了するまでキャッシュしか読めなくなる

Android アプリ ESファイルエクスプローラー の WebDav 機能

転送エラーや閲覧権限のないディレクトリを開いたりすると、それ以降完全終了するまでキャッシュに残っている情報以外は、全てエラー表示になる

【2014年7月24日現在】

2014/07/23

Raspberry Pi + BitTorrent Sync アイドリング負荷

Raspberry Pi に BitTorrent Sync を積んでみたが、アイドリング時の負荷がそれなりにある

top コマンドでもアイドリング時に上位にあるのがわかる
起動後に安定した状態での vmstat を継続してみても、BTSync が起動していると CPUのアイドリングが 100%になることはほとんどない
UPnPによるポート開放も変更してみたが、違いは見られなかった

BitTorrent Sync 起動 (UPnP待受なし)状態
procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- -system-- ----cpu----
 r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa
 0  0      0 295384  40628  80944    0    0   660    11  516  458 11 14 74  1
 0  0      0 295384  40628  80944    0    0     0     0  348  146  0  0 100  0
 0  0      0 295384  40636  80944    0    0     0     4  358  160  0  1 98  0
 0  0      0 295384  40644  80944    0    0     0     3  353  149  0  0 97  3
 1  0      0 295384  40644  80944    0    0     0     2  355  152  0  1 99  0
 0  0      0 295384  40644  80944    0    0     0     0  349  146  0  1 99  0
 0  0      0 295384  40644  80944    0    0     0     0  352  152  0  1 99  0
 0  0      0 295384  40644  80944    0    0     0     1  352  148  0  1 99  0
 0  0      0 295384  40648  80944    0    0     0     2  355  155  1  0 96  3
 0  0      0 295384  40648  80944    0    0     0     0  349  146  0  1 99  0
 0  0      0 295384  40648  80944    0    0     0     0  351  150  0  1 99  0
 0  0      0 295384  40648  80944    0    0     0     0  347  144  0  1 99  0

BitTorrent Sync 起動 (UPnP待受あり)状態
procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- -system-- ----cpu----
 r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa
 0  0      0 357448   9724  50520    0    0  1016    20  665  625 27 29 40  3
 0  0      0 357448   9724  50520    0    0     0     1  354  156  0  1 99  0
 0  0      0 357448   9732  50520    0    0     0    32  405  174  0  2 98  0
 0  0      0 357448   9736  50520    0    0     0     1  354  152  0  0 99  0
 0  0      0 357448   9736  50520    0    0     0     1  354  149  0  0 99  0
 0  0      0 357448   9744  50520    0    0     0     4  356  153  1  1 98  0
 0  0      0 357448   9744  50520    0    0     0     0  349  145  0  0 99  0
 0  0      0 357448   9744  50520    0    0     0     1  355  158  0  0 99  0
 0  0      0 357448   9752  50520    0    0     0     3  356  152  1  0 99  0
 1  0      0 357316   9756  50640    0    0    24     6  383  180  0  2 97  0
 0  0      0 357316   9756  50640    0    0     0     0  351  149  1  0 99  0

BitTorrent Sync 未使用状態
procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- -system-- ----cpu----
 r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa
 0  0      0 357244   9612  51660    0    0   244     5  388  167  6  7 86  1
 0  0      0 357244   9612  51660    0    0     0     1  308   48  1  0 99  0
 0  0      0 357244   9620  51660    0    0     0     3  307   44  0  1 99  0
 0  0      0 357244   9620  51660    0    0     0     0  306   46  0  0 100  0
 0  0      0 357252   9620  51660    0    0     0     0  305   44  0  0 100  0
 0  0      0 357260   9620  51660    0    0     0     0  305   51  0  1 99  0
 0  0      0 357260   9620  51660    0    0     0     2  307   44  0  0 100  0
 0  0      0 357260   9624  51660    0    0     0     3  310   50  0  1 99  0
 0  0      0 357260   9624  51660    0    0     0     0  304   41  0  0 100  0
 0  0      0 357260   9624  51660    0    0     0     0  303   46  0  0 100  0
 0  0      0 357260   9624  51660    0    0     0     0  301   40  0  0 100  0
 0  0      0 357260   9624  51660    0    0     0     0  306   50  0  0 100  0


一般的なサービスのように、クライアントからのアクションで動作を開始するのとは違うため、常時通信する必要がある、これでも省電力なのだろうけどね

2014/07/17

raspberry pi "samba: unrecognized service"

Raspberry Pi を手に入れたので、NAS化しようとホイホイと apt-get でインストール(結果も見ずに)して /etc/samba/smb.conf も設定完了

よーし、サービスの再起動だ
$ service samba restart
::::
raspberry pi "samba: unrecognized service"
(samba なんてサービス知りまへん)

さかのぼって見たら apt-get で not found とか出てんじゃ~ん

$ sudo apt-get update

で、ダウンロード元の一覧を更新してから、インストールすべしだそうです...



HOGE というユーザー用に /home/HOGE/test というディレクトリを共有ドライブ(HogeTest)として利用するまでのメモ

▼apt-get の情報を更新【重要】
$ sudo apt-get update

▼vi をフツーのにする
$ sudo apt-get install vim

▼ユーザーの追加(パスワード設定)
$ adduser HOGE

▼ユーザーを管理者権限にする(必要なら)
$ sudo visudo
# ----------------------------
HOGE ALL=(ALL) ALL
# ----------------------------
を追加

▼sambaのインストール
※sambaと共に nmbd が動き始めるので、ホスト名で接続できるようになる(ハズ)

$ sudo apt-get -y install samba
$ sudo apt-get -y install samba-common-bin

▼sambaユーザーの作成(パスワード設定)
$ sudo smbpasswd -a HOGE

▼共有ディレクトリを作成(テストなのでhome配下)
$ sudo cd /home/HOGE
$ sudo mkdir test
$ sudo chmod 777 test
↑ /mnt 配下の場合は属性777変更いらないかも

▼sambaの設定
$ sudo vi /etc/samba/smb.conf
# ----------------------------
[HogeTest]
comment = SD Test
path = /home/HOGE/test
public = no
writable = yes
browseable = no
valid users = HOGE
# ----------------------------

▼設定が完了したら、サービスの再起動
$ sudo service samba restart

samba でホームディレクトリを無効にする

samba をインストールするとデフォルトでホームディレクトリが読み込み専用で可視状態になる

非表示とかではなく、ホームディレクトリを無効にするには
/etc/samba/smb.conf の [homes] セクションそのものをコメントアウト(#) すればよい



2014/07/16

ドコモ SPモードが、PPTPパススルーに対応

ドコモ SPモードで VPN の PPTPパススルーに対応したよーな

最近、PPTPやらOpenVPNやらを VPSと共にいじくり回している中
ドコモの SPモードで、Android端末から PPTPサーバ(ヤマハの)へ接続したら、なんかすんなり接続完了、ローカルアドレスへpingもとおる...


次は、端末をテザリングに切り替えて、PCからPPTP接続してみるも、これも問題なく接続できて、接続先のローカル端末とのやりとりも問題ない...

いつの間にかPPTPパススルーに対応したようで
(VPS経由の面倒なOpenVPNの設定したばかりなのに...)

新料金プランで、ISPセット割が利用できなくなる事にあわせての対応だろうか

2014/07/15

Android用ゲートウェイ OpenVPN 構築メモ

Android用ゲートウェイ OpenVPN 構築メモ

環境
  • Serversman@VPS
  • CentOS 6(64bit)
基本的に VPNサーバー構築(OpenVPN) の非常に詳しい解説の通り

※ iptables でブロックしている場合は /etc/sysconfig/iptables の *filter へ
-A INPUT -p udp --dport 1194 -j ACCEPT
を追加

ここまでで、Windowsクライアント等から接続できることを確認


上記環境は、192.168.1.x ⇔ 10.8.0.x なので、
グローバルIP ⇔ 192.168.2.x(vpn側) みたいにして、グローバルIPで出て行きたい~~~

/etc/openvpn/server.conf で
server 10.8.0.0 255.255.255.0

;push "route 192.168.10.0 255.255.255.0"
;push "route 192.168.20.0 255.255.255.0"
push "route 192.168.1.0 255.255.255.0"

とした所を

server 192.168.2.0 255.255.255.0

push "redirect-gateway def1 bypass-dhcp"

push "dhcp-option DNS 8.8.8.8"
push "dhcp-option DNS 8.8.4.4"
;push "route 192.168.10.0 255.255.255.0"
;push "route 192.168.20.0 255.255.255.0"
;push "route 192.168.1.0 255.255.255.0"

のように変更
上記は Google のDNS ですので、VPS提供のを使ってもよいです
Serversman@VPSのDTIはこれ

/etc/sysconfig/iptables の *nat へ
-A POSTROUTING -s 192.168.2.0/24 -o venet0 -j SNAT --to-source [Global IP]
を追加して、ルーティングさせる(青字のところは、ifconfig 等で確認)

各サービスを再起動
# service tables restart
# service openvpn restart

2014/07/11

Linux pptp サーバへヤマハのルータでVPN(PPTP)接続すると、接続後に直ぐ切断される

Linux(Cent OS)で、pptpサーバ(pptpd)を立ち上げて、そこへヤマハのルータに PPTPクライアントのデータを入れて接続を試みるものの、接続後に直ぐ切断されてしまう
  • Windows の VPN接続からは問題なく接続できる
  • ルータで接続すると、接続後に直ぐ切断され、ルータ側の終了コードは「正常終了(0)」
  • mtuの設定値は、サーバ側ルータ側共に 1400
今回の場合、最終的に原因は2つ
  • ルータ(クライアント側)で mschap-v2 を明示的に設定
  • サーバ側の mtu 設定を 1200 に変更 ( /etc/ppp/options.pptpd および /etc/ppp/ip-up)
すぐに切断されてしまったときのサーバ側のログ ( /var/log/messages )
pptpd[753]: CTRL: Client [CLIENT IP] control connection started
pptpd[753]: CTRL: Starting call (launching pppd, opening GRE)
pppd[754]: Plugin /usr/lib64/pptpd/pptpd-logwtmp.so loaded.
pppd[754]: pppd 2.4.5 started by [USERNAME], uid 0
pppd[754]: Using interface ppp0
pppd[754]: Connect: ppp0 <--> /dev/pts/1
pppd[754]: peer refused to authenticate: terminating link
pppd[754]: Connection terminated.
pppd[754]: Exit.
pptpd[753]: GRE: read(fd=6,buffer=611860,len=8196) from PTY failed: status = -1 error = Input/output error, usually caused by unexpected termination of pppd, check option syntax and pppd logs
pptpd[753]: CTRL: PTY read or GRE write failed (pty,gre)=(6,7)
pptpd[753]: CTRL: Client [CLIENT IP] control connection finished

ルータのコンフィグで mschap-v2 の記述を行う
### PP 2 ###

pp select 2
 pp name WAN/VPN:[PPNAME]
 pp bind tunnel1
 pp always-on on
 pp auth accept mschap-v2
 pp auth myname [USER] [PASS]
 ppp ipcp ipaddress on
 ppp ccp type mppe-any
 ppp ipv6cp use off
 pptp service type client
 pp enable 2

上記変更後、すぐに切断される症状が解消するも、1分もしないうちに切断される
その時のサーバ側ログ( /var/log/messages )
pptpd[961]: CTRL: Client [CLIENT IP] control connection started
pptpd[961]: CTRL: Starting call (launching pppd, opening GRE)
pppd[962]: Plugin /usr/lib64/pptpd/pptpd-logwtmp.so loaded.
pppd[962]: pppd 2.4.5 started by [USERNAME], uid 0
pppd[962]: Using interface ppp0
pppd[962]: Connect: ppp0 <--> /dev/pts/0
pppd[962]: peer from calling number [CLIENT IP] authorized
pppd[962]: MPPE 128-bit stateless compression enabled
pppd[962]: MPPE disabled
pppd[962]: Connection terminated.
pppd[962]: Connect time 0.2 minutes.
pppd[962]: Sent 88 bytes, received 100 bytes.
pppd[962]: Exit.
pptpd[961]: GRE: read(fd=6,buffer=611860,len=8196) from PTY failed: status = -1 error = Input/output error, usually caused by unexpected termination of pppd, check option syntax and pppd logspptpd[961]: CTRL: PTY read or GRE write failed (pty,gre)=(6,7)
pptpd[961]: CTRL: Client [CLIENT IP] control connection finished

/etc/ppp/options.pptpd および /etc/ppp/ip-up にて mtu の値を 1200 で設定し、接続が安定する
/etc/ppp/ip-up での設定は、こちらを参考にさせていただきました





2014/07/07

ServersMan@VPS で PPTPサーバを作成した後の iptables

順番に
  1. gre プロトコル
  2. TCP 1723
  3. ルーティング(経由して外部に出る場合)
iptables -A INPUT -p 47 -j ACCEPT
iptables -A INPUT -p tcp --dport 1723 -j ACCEPT
iptables -t nat -A POSTROUTING -o venet0 -s 192.168.2.0/24 -j SNAT --to-source GlobalIP

古い Android ブラウザで document height 値が大きすぎる

古い Android ブラウザで document height におかしな値が入ってくることがある

var docheight = $(document).height();

と(jQueryでなくても同じ)取得すると docheight に 768 とか、解像度そのまんまみたいな値が入ってきたり、488 なんてフツーの値が入ってきたりと、何がきっかけなのかは不明

しようがないので、useragent で切り分けることに
このグダグダ感~ 仕事ではやりたくね~

2014/07/04

MS-Word2013の上書き保存時のファイル更新状況

文章1.docx を上書き保存した場合

CREATE ~WRD3446.tmp ←これが最終的に保存されるファイル
UPDATE ~WRD3446.tmp
RENAME 文書1.docx -> ~WRL3462.tmp ←前のファイルをバックアップ
RENAME ~WRD3446.tmp -> 文書1.docx
UPDATE ~WRL3462.tmp
DELETE ~WRL3462.tmp ←前のバックアップを削除

2014/07/03

LiveView MN800 再ペアリング

久々に出してきた LiveView MN800 で新しい端末と再ペアリングしようと思ったら、やりかたを忘れていたのでメモ

電源OFFから、2つのLEDが交互に点灯するまで電源を押し続ける