2018/07/18

WritePrivateProfileString や GetPrivateProfileString を連続して使用すると関数が失敗する

VB.net から ini ファイルを扱うため iniクラスにまとめて WritePrivateProfileString を連続して利用した所、書き込みに失敗したり、書き込めていなかったり

詳しく調べてみると WritePrivateProfileString へ渡したファイル名(第4引数)の末尾が破損した状態で戻ってきていることが判明
※この症状は GetPrivateProfileString でも発生を確認
ファイル名の末尾が切れた状態になるため偶然パスとして利用できる場合のみ、ファイルが作られて書き込みが出来ていたり

コンストラクタへ渡されたファイル名(下記では strIniFileName )変数を使い回さないようにすることで回避
    Public Function WriteString(ByVal strSection As String, ByVal strKey As String, ByVal strValue As String) As Boolean
        Dim strFilename As String = strIniFileName ' ←メンバのファイル名を使いまわししない
        Try
            Return (WritePrivateProfileString(strSection, strKey, strValue, strFilename) <> 0)
        Catch ex As Exception
            Return False
        End Try
    End Function

2018/07/17

Amazon Prime Day でBusyのため表示される犬

Amazon Prime Day でBusyのため表示される犬は、3種類(たぶん)



2018/07/12

+メッセージのプライバシー

+メッセージ(プラスメッセージ)が利用するプライバシー情報

  • 連絡先をまるごと吸い上げて、番号の持ち主に通知したりはしない
  • 番号を直接打って(連絡先に入っていない)メッセージを送信できない(たぶん)
  • 連絡先を吸い上げないが、登録された番号が+メッセージを利用可能かどうか確認するため、連絡先の番号を一つづつサーバへ問い合わせてるっぽい(利用可否チェックの遅さから)

2018/07/09

adhell3.1.1.x を Android Studio でビルド

adhell3.1.1.x 系をビルドしたときのメモ 【2018-11-19更新】
(Android Studio がセットアップされた状態)

  1. gitlab からソースをダウンロード・解凍
  2. knox android サイト から Knox SDK 3.2 (API level 26) と supportlib.jar をダウンロードして各 libs の knoxsdk.jar と supportlib.jar を app/libs(なければ作成) へコピー
  3. Android Studio でソースを開く
  4. Android Studio の Settings で Configure on demand のチェックを外す → 2018-11-19 現在 Android 3.2.1 ではこの設定は無くなっているので不要です
  5. パッケージ名を変更 → ファイル app/app.properties (なければテキストファイルを作成)へ下記の形式で記述
    package.name=com.example.adhell3_1_x_x ←他の人とバッティングしないような文字列
    Package Disabler を利用する場合は下記も同じファイルへ記述
    enable.disableApps=true
    enable.appComponent=true
  6. ビルド

    ビルドが完了すると右下に下記のようなのが出てapkが作成されるので、実機へ移してインストールする
    app/build/outputs/apk/debug/app-debug.apk ←コレ

adhell3.1.1.x の実行には 各 knox ライセンスキーが必要で
  • knox 2.7.1 以前は Samsung Knox License (SKL) key と Backwards-compatible key の2つ
  • 上記以降の knox では Samsung Knox License (SKL) key が必要
いずれも有効期限があり、期限をすぎると再度取得する必要あり

2018/07/09現在、adhell2 や adhell3.0.0.x の利用に必要な Enterprise license key (Development) は作成できない → Samsung EDU SDK を発行すればOK


2018/07/06

バスロケの busit.jp が雨による閲覧集中で障害?

2018/07/06 の豪雨により バスロケの busit.jp が障害か


バス会社独自のバスロケサービスがあるところは、そちらで回避するしか無い

2018/07/02

Gmail「迷惑メールにしない」と「POP3受信」を併用するとPOP3で受信トレイをスキップしなくなる

Gmailのフィルタは適用順序などいろいろとブラックボックスなところが多い

  • 差出人Aを含む -> ラベルA を付ける
  • POP3受信 + 受信トレイをスキップ -> ラベルP を付ける

このフィルタで POP3受信に差出人Aが含まれていている場合、受信トレイをスキップしつつ ラベルA および ラベルP が付与される

次に

  • 差出人Aを含む + 迷惑メールにしない -> ラベルA を付ける
  • POP3受信 + 受信トレイをスキップ -> ラベルP を付ける

このフィルタで POP3受信に差出人Aが含まれていている場合、受信トレイをスキップしなくなり ラベルA および ラベルP が付与される