2014/01/22

さくらスタンダードで Pydio AjaXplorer 4

AjaXplorerを他のレンタルサーバで使用していたが、さくらスタンダードの容量アップがあったので、こちらにも設定したメモ

さくらスタンダード PHP5.2 のままで利用する(他のPHPに影響を出したくない)ため、AjaXplorer 4.2.3 を使用する(4→5へのアップデートは、AjaXplorer 内からできるらしい)


  1. まずは ajaxplorer-core-4.2.3.zip をダウンロード
  2. ajaxplorer-core-4.2.3.zip を解凍して、FTP(S)でアップロードと行きたいところだが、ファイル数(3000くらいだったか)が多くて時間がかかりすぎるので ajaxplorer-core-4.2.3.zip をそのままアップロードして、SSHからサーバ上で解凍
    % unzip ajaxplorer-core-4.2.3.zip
  3. ディレクトリ名をデフォルトから任意のものに変更
    % mv ajaxplorer-core-4.2.3 ajaxplorer
  4. 早速繋ぎたいところだが、先にさくらコントロールパネルから php.ini を編集して、アップロードサイズの最大値、セッション情報を保存するパスを指定(存在するもの)これを入れておかないと、「PHP Session WARNING」 の警告が出ます
    memory_limit = 72M
    post_max_size = 60M
    upload_max_filesize = 60M
    session.save_path="/home/~/www/~/ajx_sessions" ←適当なパス
  5. 対象ディレクトリを / で接続するためファイルマネージャー等から index.php を追加

あとは ajaxplorer のパスへつなぎに行けば、警告などの確認の後「click here to continue to AjaXplorer.」から初期管理画面に入る(admin, admin)ので、すぐにパスワードを変更


ひと通り設定した後のバックアップも、FTP(S)を利用すると嫌になるほど時間がかかるので
%zip -r ajx_backup.zip ajaxplorer
等でzipにしてから取得するとよいです

0 件のコメント: