2017/10/20

Google Home(Assistant) での独自コマンド所感

Google Home(Assistant) で独自コマンドを色々作ってみた所感


一発物の命令と応答
「ok,google テレビつけて」みたいなの

IFTTT で this に Google Assistant that に Webhook を選択するだけ、だが this→thatが一方通行なため、Web等からのレスポンスを Assistant へ反映できない

具体的には this の Google Assistant で文字や数値を入れるタイプを選択した場合 $ を入れた所が、変化する場所(例「お父さんに $ とメールして」)で、レスポンス(例「お父さんに $ とメールしました」)には $ が使えるのみ
一方 that の Webhook では $ → {{TextField}} という置換文字を post したりして Webへ送り出すことは出来る。ただし、ここでのWebレスポンスを先程の、レスポンスに使うことが出来ない

チャット形式のアプリ型
「ok,google リモコンにつないで」みたいなので、リモコンアプリに接続(そっから先は、アプリから抜けるまで、アプリとの対話になる)
詳細な流れはコチラ


上記だと、レスポンスを変えられないので物足りない
下記だと、大掛かりすぎるというかチャットを抜けるまで対象アプリとの会話になり、自然終了しない

ちなみに連携サービス IFTTT, Microsoft Flow, Zaiper のうち、Google Assistant に対応するのは今のところ IFTTT のみ

これ IFTTTができてるんなら、直接 Google Assistant とやり取りできるんじゃないかと思うのだが、誰かおせーてー

0 件のコメント: