2014/08/25

Google の WI-Fi と位置情報

Google ストリートビューの車が、Wi-Fiアクセスポイント情報を取得しているとして、問題になってから久しい

ストリートビューの撮影時に、座標とアクセスポイント情報(SSID、MACアドレス、信号強度)を記録しておくことで、Wi-Fiのアクセスポイント情報から現在地を特定しようというものである

この仕組は、アクセスポイントへ接続する必要がないため、接続先がない状況でもオンにすると位置情報が利用可能である
自身のアクセスポイントを Googleの収集対象から外す場合は SSID の末尾に _nomap とつけておくだけ

これらの情報は、ストリートビュー以外でも収集・更新されている
Android 端末で Wi-Fiをオンにすると 定期的に GPS測位が行われ、アクセスポイント情報⇔位置情報 が更新される。

また、接続元のIPアドレスも位置情報との関連付けが行われるようで、とあるプロバイダは都道府県単位ではなく、東西あたりでIPアドレスを振っているため、都道府県がほとんどマッチしないが GPSによる位置情報が更新されると、都道府県が合うようになる
この情報は、Google アカウントのアクティビティ情報にも使われている様子である

0 件のコメント: