2017/07/25

CentOS へ yum で Resilio Sync をセットアップ

CentOS へ Resilio Sync を VPSへセットアップしたメモ

基本的に下記へ各 linux へのインストール方法が記載されている
https://help.resilio.com/hc/en-us/articles/206178924
CentOS へインストールするメモです


# vi /etc/yum.repos.d/resilio-sync.repo でファイルを作成して下記を記述

[resilio-sync]
name=Resilio Sync
baseurl=https://linux-packages.resilio.com/resilio-sync/rpm/$basearch
enabled=1
gpgcheck=1


インポートとインストール
# rpm --import https://linux-packages.resilio.com/resilio-sync/key.asc
# yum update
# yum install resilio-sync

インストールしたらとりあえず起動
# service resilio-sync start

操作をLAN側から行える環境であれば、ここまでで完了
ここからは、VPSのWAN側で操作を行う場合

プロセスを表示して config ファイルを確認する
# ps -alx | grep rslsync
~ /usr/bin/rslsync --config /etc/resilio-sync/config.js ←設定ファイル

configを編集
# vi /etc/resilio-sync/config.json

    "webui" :
    {   
        "listen" : "VPSのグローバルIP:8888"
    }

127.0.0.1 を VPSのグローバルIPへ変更して保存

resilio-sync を再起動
# service resilio-sync restart

すぐに http://VPSのグローバルIP:8888 へ接続して、ログインユーザの設定を行う
(放置していると、誰かに乗っ取られます)

最初から config でユーザー名とパスワードを決め打ちしたい場合は
上記の # vi /etc/resilio-sync/config.json を下記のように記述しておく

    "webui" :
    {   
        "login" : "USERNAME",
        "password" : "PASSWORD",
        "listen" : "VPSのグローバルIP:8888"
    }


その他・・・・・・・・・・・・・・・
http://VPSのグローバルIP:8888 が開かない ・・・ iptables 等でポートを開けてる?
Syncフォルダを指定できない ・・・ ディレクトリの権限を確認


サービスの自動起動
# chkconfig --list resilio-sync → 見つからない場合 → # chkconfig --add resilio-sync で追加
# chkconfig resilio-sync on で 3をonに
# chkconfig --list で 3: on を確認


0 件のコメント: