2012/12/21

ドコモでも月額基本料無料の留守番電話を実現

スマートフォンの多くは、端末に留守番電話の機能が付いていない、またキャリアの留守番電話サービスはドコモのみ月額利用料が有料であるが、下記の組み合わせを使うことで通話料(転送料)のみで、留守番電話サービスを実現可能
録音内容を添付(wavファイル)したメールで受信することも可能


「FUSION IP-Phone SMART」 - スマートフォンなしでも契約可
SIPアプリで 050番号を月額基本料無料(通話料別途)で利用できるサービス
留守番、転送サービスも基本料無料
※申込にクレジットカード必要

ドコモ「転送でんわサービス」
月額利用料無料、転送時の通話料有料
※申込必要


流れは単純で
発呼者 → 被呼者(あなた) -[転送]→ FUSION IP-Phone SMART 留守電 → メール通知(添付)

転送の部分に、通話料が発生するが「ドコモの留守番電話サービス」を利用する場合、月額利用料だけでなく、メッセージ再生においても通話料が発生するため、少なくとも月額利用料は不要になる。
また、FUSION IP-Phone SMART は、留守録を「メール通知して、Webからダウンロード」または「メールに添付して通知(ファイルはWebから削除 or 保存)」が選択できるため、プッシュで通知やデータを受け取ることが可能

フュージョン側として、留守番電話サービスを無料で提供した理由は、SIPサーバへクライアントが未接続の時も、着信を逃さず接続料を確保できるからと予想されるため、上記の利用方法でも問題は発生しないと思われる


利用してみて気付いたこと

  • 録音ファイル形式が wav(wave)型式 128kbps で、サイズが大きくなりがち
  • 添付ファイル名は、録音開始日時(yyyymmddhhnnss.wav)
  • スマートフォンで再生すると、単なるwavファイルなので受話器でなくスピーカーから音が出る → イヤホンがあるとよいかも
  • ガラケーで、wavファイルが再生できるかどうかは不明
  • 通知先のメールアドレスは、FUSION IP-Phone SMART のアカウント用アドレスになるため、通知先の変更はアカウント情報を変更する必要有り → フィルタで転送すりゃいい
  • フュージョン側の応答メッセージは、変更不可だが一般的で問題ない
  • 通知メールに、発信者番号も記載されている
  • メール通知は、終話後すぐに送信される
  • 留守電通知メールは、
    From: no-reply@fusioncom.co.jp
    Subject: 【IP-Phone SMART】メッセージお預かり通知
  • 着信通知(留守電未吹込)メールは、
    From: mail-noreply@fusioncom.co.jp
    Subject: 【IP-Phone SMART】着信通知

設定時の注意点
フュージョン側
保存される留守番電話は 10件までのため、メールでwavファイルを受け取れるなら、自動削除しておけば、Webへ接続して削除する必要が無くなる
(10件以上になると留守番が働かなくなる。また、データは7日後に削除される)
また、留守番電話のためだけに利用する場合は、呼び出し時間を即時に(SIPクライアントが未接続だと、どちらにしても即時応答かも??)


ドコモ転送でんわサービス側
サービス開始時の設定で、転送先と共に呼び出し時間(不応答時間)を設定しておく


【追記】
2014年6月1日から開始された、カケホーダイ(Xiカケホーダイでは無い)では、転送においてもカケホーダイの料金が設定されるため、050系への転送にも料金がかからない

0 件のコメント: