2007/10/29

接続料に見る、携帯電話の通話料

携帯電話に限らず、キャリア間をまたぐ通話には、日本では発呼側から、非呼側へ接続料を支払う仕組みになっている

ソフトバンクモバイルのホワイトプランが、一部の時間を除いて通話し放題になるのも自社内のネットワークで処理が完了し、他キャリアへ接続料を支払わなくて済むからである

NTTドコモへの接続料(2006年3月9日資料)は、管轄内への接続で 0.188円/秒
単純にかけ算すると 5.64円/30秒、11.28円/60秒 となる

通常、この接続料以上の課金をして利益を出しているが

  • 同一キャリア間では、接続料は発生しない
  • 自社内しかかけられないTV電話は、通常通話の1.5倍課金
  • 固定電話へは、割高な中継交換機接続でも 0.03円/秒だが、携帯の通話料は同じ
  • ユーザーには 30秒や60秒課金だが、接続料は秒課金
という内情のため、通話による利益率はべらぼうに高い

寡占状態の携帯キャリア間で、高い接続料を相互に支払っているという事は、シェアと似た割合で、接続料支払いと、接続料収入があり、通話料値下げの余地があることになる

ただ、接続料の値下げは「敵に塩を送る」事になるので、各社やりたがらない
海外のように、着信側にも課金が発生する方式なら別だが...

0 件のコメント: